読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外壁はいったい何がいいの?問題

家を建てようと決めてから
色々なモデルルームを見に行ってまず最初に悩んだのが外壁だった

 

ちょうど義実家が建ててから10年経ってた事もあり
メンテナンスでお金かかるなら多少高くても長持ちするのが良いよねと
事前に妻と話し合ってはいたが予算にも限りがある
お金があればALLタイルにしたかった…

 

LIXILのベルパーチとか 他社のタイルとか良いのいっぱいあるんですよ
LIXIL | タイル建材 | ベルパーチ

 

んで
だいたい工務店に行くと進められるのが一般的な
14mmのサイディング

 

まぁ最近はデザインが増えて悪くは無いんだけども
建物コーナーや1階と2階の間、板と板の間にシーリング(コーキング)のラインが
入ってカッコ悪い…

 

耐久年数目安が10年なのでメンテナンスコストがかかる…

 

色々な工務店の方々に聞きまくったり自分で調べた結果をまとめると
(なんせ住宅や木造は専門外なので間違いなどがあればどうか指摘お願いします)

 

■外壁を劣化させるのは主に紫外線である
 (外壁が木材の場合雪による凍害もある)
■外壁方角によって紫外線(日光)が多く当たる面は劣化が早い
■外壁にお金かけてもシーリングの耐久年数は10年くらいよ
 (サイディングメーカーでは15年保障のもあるが少し高い)
紫外線から外壁を守ってるのは板金でもサイディングでも塗装でもコート材
■窯業系サイデイングは10年とか15年後のメンテナンス時には
 サイディングの上から塗装を上塗りするので
 模様がつけられない(つけられたとしても手間がかかり高額に)
 光触媒機能などの汚れを落とす機能はそこで無くなる
  

 

コート材について
塗装
フッ素樹脂塗料 15年~20年 結合エネルギーが高い 価格も高い
シリコン樹脂塗料 10年~15年
アクリル樹脂塗料 8年~10年

 

左官系塗装
妻もそう呼んでたのですが塗壁とか呼ばれているもの
コテ模様をつけると値段が上がると思います。
何社かで教えてくれた材料名

・ウッドブリーズフィニッシュコート

・オメガアクロフレックス

 

 

義実家が左官系塗装なのですが10年経っても全く見劣りしません
もちろんメンテナンス必要ですが選ぶ色次第で経年の見劣りは防げると思います。

 

シーリング使用箇所は、窓周り、他の材種の壁との間部分のみ(少ない)

 

窯業系サイディング(各メーカーによる)
・ニチハ株式会社
 プラチナコート15年
 プラチナシール15年(シーリング、コーキング)
 上記セットで15年保障
 パワーコート10年
・KMEW
 光セラ、親水セラ、(親水パワー?)+スーパーKMEWシール 15年保障

 

シーリング使用箇所は、窓周り、建物コーナー材、板と板の間
他の材種の壁との間などで多くなる傾向だが
最近ドライジョイント工法のサイディングが登場
シーリング使用箇所も少なくなり20年~25年持つらしい(たぶん価格は高い)

 

金属系サイディング、ガルバニウム鋼板
・ニチハ株式会社・KMEW・アイジー工業など
フッ素コーティング 10年~
ウレタンコーティング 10年

 

シーリング使用箇所は窯業系サイディングとあまり変わらないが
水切りやカバー材でシーリングに直接紫外線が当たりにくい
ガルバニウム鋼板縦葺きだと 窓周り、水切り、他の材種の壁との間などで
やや少なくなる。

 

 

 

んで工務店にお願いして色々見積もり取ったんですよ(迷惑な客)

yarukinasio.hateblo.jp

 

結局
ガルバニウム鋼板縦葺き(フッソ樹脂コーティング)
+一部塗装ウッドブリーズフィニッシュコート
+道南杉貼り にしました

 

理由
・自分の好きな北海道で活躍する建築家の設計がガルバニウム鋼板縦葺きが多いので
・コストパフォーマンス(フッソ樹脂コーティングなのにそんなに高くない)
・シーリングが目立たないし少ない
・メンテナンスコストが少なくて済む
・10-15年後塗り替えた時に違和感を感じない
左官系塗装を取り入れるのは妻の強い希望
・若干目立ちたがりなので1種類の外装はいやだ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村